ロマンスカーミュージアムを報道公開=小田急

 小田急電鉄は26日、神奈川県海老名市の屋内常設展示施設「ロマンスカーミュージアム」を報道機関に公開した。退役した歴代の特急ロマンスカー5車両のほか、開業当時の車両、新宿~箱根の小田急沿線の街並みを再現したジオラマなどを展示、4月19日にオープンする。新型コロナウイルス感染予防のため事前予約制とし、同月1日からウェブサイトで予約を受け付ける。 

 施設はほかに、1980年から約40年就役したロマンスカーLSE7000形の運転台を使ったシミュレーター、子どもがロマンスカーを模した木造の設備で遊べる空間なども設けた。小田急線海老名駅に接続しており、小田急はこの近隣を、居住地やオフィス、商業施設の集積を目指し開発している。山口淳広報部長は「近隣の施設と協力しながら、新たなまちのシンボルとして、にぎわい創出にも寄与したい」と話した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント