馬毛島調査、差し止め却下=防衛省の海上ボーリング―東京地裁

 米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転先として馬毛島(鹿児島県西之表市)で進む自衛隊基地建設計画をめぐり、防衛省が同島周辺で実施している海上ボーリング調査は漁業権を侵害するとして、地元漁師ら十数人が差し止めを求めた仮処分申請について、東京地裁(品川英基裁判長)は26日、却下する決定をした。

 品川裁判長は、調査区域付近に設置されたブイで漁業活動ができなくなる不利益があるとする一方、「公益上の必要性が高い調査で、一定程度甘受すべきだ」と指摘。損害が生じたとしても金銭的な補償が可能で、差し止めは不要と判断した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント