スエズ座礁、日本影響は限定的=加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、スエズ運河で起きた大型コンテナ船座礁事故による日本発着輸送船への影響について「数隻程度と認識しており、現時点では限定的とみられる」と説明した。加藤氏は早期復旧に向けた日本の支援として、民間専門家の現地派遣などを関係省庁が調整していると明らかにした。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント