日航、東北観光振興を強化=魅力発信、ツアー商品展開

 日本航空は30日、東日本大震災の発生から10年がたった東北地方の観光振興に向けた取り組みを強化すると発表した。機内誌やユーチューブなどで東北の魅力を発信するほか、JR東日本と連携して地域内の空港を結ぶ特別チャーター便と観光列車を組み合わせたツアー商品などを販売する。

 本田俊介執行役員は30日の記者会見で「東北を盛り上げられるよう力になりたい」と話した。 

 新型コロナウイルス感染拡大で旅客需要が落ち込む中、日航はこうした地域創生の取り組みを各地で展開し、非航空事業を収益の柱の一つに育てたい考え。4月には全社員が参加できる各都道府県の活性化に向けたプロジェクトチームを立ち上げる。地域間の交流人口や貨物量の増加により、航空事業との相乗効果も狙う。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント