海保に「領海保全任務」=尖閣防衛で自民議連

 自民党国防議員連盟の衛藤征士郎会長らは30日、首相官邸で加藤勝信官房長官と会い、沖縄県・尖閣諸島の防衛に関する提言を手渡した。海上保安庁の任務に「領海保全任務」(仮称)を加え、外国公船が退去要求に従わない場合に武器使用を認める海上保安庁法改正などが柱。 

 事前に指定した領域で陸上自衛隊による警備を可能とする自衛隊法改正や、防衛出動の発令に関する手続きの迅速化、海保・警察・自衛隊の人員増と装備強化も求めた。加藤氏は「問題意識は共有している。政府でもこの提言を基に検討していきたい」と応じたという。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント