尖閣防衛提言、自民了承せず=海保強化の法整備に異論

 自民党国防、国土交通両部会などは31日、党本部で会合を開き、沖縄県・尖閣諸島の防衛に関する提言案について議論した。中国で海警局の武器使用を認める海警法が施行されたことを受け、海上保安庁や自衛隊の対処力強化を求める内容だったが、海保に関する法整備に異論が出るなどしてまとまらず、了承されなかった。

 提言の原案は「海警船がわが国領海に侵入することは、わが国の正当な権益を損なうもので、断じて許されない」と明記。武力攻撃事態に至らない「グレーゾーン事態」について、海保などの対処力強化に向け「遺漏なく対処するための方策を検討し、必要な法整備を行う」ことを求めていた。

 だが、海保は「現行任務規定により不足する権限はない」として法整備は不要との立場。これを踏まえ、31日の会合では修正案が示されたが、合意が得られなかった。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント