商用電動車、1年以内に具体化=トヨタ・いすゞ・日野3社提携

 トヨタ自動車といすゞ自動車、日野自動車の3社が出資して1日に設立した「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ」の中嶋裕樹社長は2日、商用の電動車開発について「1年以内に具体化する」と語った。東京都内で記者団の取材に応じた。

 中嶋氏は電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)について「試作車ではなく量産をイメージできるものを造る」と述べた。その上で、商用EVを用いた効率的な配送方法なども具体化し、運送事業者などに提案していく考えを示した。

 トヨタといすゞ、日野は先月、中小型トラックで自動運転や電動化など次世代技術開発の協業を進めると発表。共同出資の新会社では、商用車開発に加え、物流業界などに向けた新たなサービスも企画する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント