スエズ運河、滞留解消=通航再開から5日ぶり

 【カイロ時事】エジプト・スエズ運河庁のラビア長官は3日、正栄汽船(愛媛県今治市)所有の大型コンテナ船「エバーギブン」が運河で座礁したことで生じた船舶の滞留が解消したと明らかにした。一時は422隻が運航を待つ状態だったが、先月29日の運航再開から5日ぶりに正常化した。 

 コンテナ船は先月23日に座礁し、29日に離礁。運河庁は悪天候に加え「技術的問題や人的ミス」の可能性もあるとして、船員の聞き取りなど調査を進めている。ラビア長官は地元メディアに「調査は順調に進んでいる」と述べ、近く結果を公表できるとの見通しを示した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント