〔ほっとライン〕環境問題と経済両立=京阪バスの鈴木一也社長

Large 20210405at24s p
鈴木一也 京阪バス社長

 ▽…「環境問題と経済を両立させたい」と話すのは京阪バス(京都市)の鈴木一也社長(61)。同市内で電気バス4台を近く実験導入し、脱炭素社会の実現に貢献したい考えだ。電気料金などコスト面でもディーゼルエンジンのバスより優れていると説明。実証実験の結果を検証した上で本格導入し電動化に挑戦する。

 ▽…新型コロナウイルスの感染拡大により利用客が減少し、厳しい事業環境が続く。コロナ禍の中での電気バス導入となるが、鈴木氏は「経済的合理性があるから踏み切った」と自信を見せる。脱炭素に向けて「電気バスを普及させたい」と意気込む。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント