商船三井、脱炭素投資に2000億円=21年度から3年間で

 商船三井は5日、2021年度からの3年間で低・脱炭素分野に約2000億円を投資する方針だと発表した。毎年改定している経営計画の骨子に盛り込んだ。持続可能な社会に向けた取り組みを強化し、21年度中に重要業績評価指標(KPI)を設定する。 

 液化天然ガス(LNG)燃料船、LNG発電船などLNG関連事業を強化するほか、洋上風力発電の関連事業に参入する。二酸化炭素(CO2)の排出削減に向け、減速航海を含めた運航効率の改善と、成果の可視化にも取り組む。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント