青森 岩手 秋田の各エリア計44駅で「Suica」利用OKに 2023年春から JR東日本

新しい改札システムを導入して行います!

エリア内で完結することが必要

Large 210406 gozira 01

拡大画像

JR東日本の交通系ICカード「Suica」(2021年、大藤碩哉撮影)。

 JR東日本の青森・岩手・秋田 各エリアで2023年春以降、交通系ICカード「Suica」が使えるようになります。線区の詳細は次の通りです。

○青森エリア
奥羽本線(弘前~青森)の10駅

○岩手エリア
東北本線(北上~盛岡)の12駅
田沢湖線(盛岡~雫石)の4駅
釜石線(花巻~新花巻)の3駅

○秋田エリア
奥羽本線(和田~追分)の7駅
男鹿線(追分~男鹿)の9駅
羽越本線(新屋~秋田)の3駅

 以上はいずれも、エリア内で完結する移動であることが必要です。サービス開始日は別途、告知されます。

 また今回のエリア拡大に当たり、JR東日本は新しい改札システムを使用するとしています。現行の自動改札機にある「Suica」の主要な機能をセンターサーバに集約する仕組みです。

 将来的にはさらにエリアを拡大するほか、「モバイルSuica」などスマートフォンによる多様なサービスを提供できるよう、クラウド化も進められます。

【了】

【地図】拡大する「Suica」エリアの駅

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント