F15改修、見直し検討=予算執行も見送り―防衛省

 長射程ミサイル搭載などの改修が進む航空自衛隊のF15戦闘機について、防衛省が改修内容の見直しを検討していることが7日、関係者への取材で分かった。初期費用が膨らんでいることが理由で、2020年度予算に計上した費用390億円の執行も見送った。

 中国が沖縄県・尖閣諸島周辺への海洋進出を強める中、防衛省は南西諸島の防衛力強化のため、F15の改修方針を決定。現行の中期防衛力整備計画(19~23年度)で20機の改修を予定している。

 しかし、米側が提示した初期費用が高騰し、一時は当初予定額の3倍に膨らんだ。防衛省は「現行水準では契約できない」として、米側に譲歩を要求。3月の日米防衛相会談でも、岸信夫防衛相がオースティン国防長官に対し減額を求めた。 

 防衛省は21年度予算概算要求に盛り込んだ213億円についても、予算計上を見送っている。今後の交渉次第では、長射程ミサイル搭載や電子戦能力の向上といった改修項目の一部を取りやめる可能性もある。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント