成田空港、「顔パス」の実証実験を開始=チェックインから搭乗まで

 成田国際空港会社は13日、チェックインから搭乗ゲートまで「顔パス」で通過できる「Face Express(フェース・エクスプレス)」の実証実験をスタートした。東京五輪・パラリンピック開催を見据え、7月の運用開始を目指す。

 フェース・エクスプレスは、いったん顔写真を登録すると、チェックインから手荷物預け、保安検査、搭乗ゲートまで、パスポートや搭乗券を提示することなく通過できる仕組み。搭乗手続きがスムーズになるほか、非接触のため新型コロナウイルス感染のリスク低減につながる。

 NECが顔認証技術を使ってシステムを開発。実証実験には全日本空輸、日本航空が参加した。

 実験に当たり、空港会社の宮本秀晴上席執行役員は「コロナ禍で、接触なしに搭乗手続きを進められるのは、国際線の本格再開に向けて大きな要素となる」と強調。NECの林良司執行役員は「空港からスタートし、街中やオフィス、イベントに展開していきたい」と述べた。

 羽田空港でも同様の実証実験が始まった。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント