メキシコVW、6月に3セグメントで生産調整=半導体不足で

 【サンパウロ時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のメキシコ法人は24日までに、半導体チップ不足の影響で6月に三つの生産セグメントで生産調整を検討していることを明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 VW社は「半導体の供給の重大な不足が世界中の多くの産業でボトルネックを引き起こしている」と強調。今後数カ月は「複雑」な状態が続くと指摘した上で、「われわれは今後の生産回復に向けたあらゆる可能性を探る」と述べ、供給に応じて生産活動を徐々に再開する方針を示した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント