旅行需要回復「この百年で最大に」=民泊仲介の米エアビーCEO

 【シリコンバレー時事】米民泊仲介大手エアビーアンドビーのチェスキー最高経営責任者(CEO)は24日開いたオンライン発表会で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって落ち込んだ旅行需要の回復について「この百年で最大のリバウンドになる」と語った。欧米で新型コロナのワクチン接種が進み、外出規制の緩和に向かっていることを踏まえ、レジャー業界の先行きに強気な見方を示した。 

 エアビーは旅行需要の取り込みに向け、宿泊先の検索機能の大幅拡充などサービス改善策を発表。「週末」や「1週間の休暇」など大まかな日程で宿を探したり、予算の範囲をやや超えるプランについても好条件であれば表示したりできるように改めた。

 チェスキーCEOは、コロナ禍で在宅勤務など働き方が柔軟になり旅行の在り方も大きく変化したことに言及し、時期や場所を問わず、より長く滞在するようになったと指摘した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント