韓国、宇宙開発で米と協力=「アルテミス協定」締結

Large 20210527ds53 p
共同記者会見に臨む文在寅韓国大統領(左)とバイデン米大統領=21日、米ワシントン(AFP時事)

 【ソウル時事】韓国外務省は27日、科学技術情報通信省と米航空宇宙局(NASA)が月面活動での国際的取り決め「アルテミス協定」に署名したと発表した。米韓は21日の首脳会談で宇宙探査分野での協力で合意していた。

 アルテミス協定は、平和利用や確保したデータの公開といった月や火星などの探査・利用に関する原則を定めている。昨年10月にNASAと日本など7カ国、同11月にウクライナが署名した。

 韓国は来年8月にNASAと協力して月周回衛星を打ち上げる予定。外務省は協定により「協力がさらに拡大し、宇宙探査の多様な分野に参加できるようになる」と説明している。 

 一方、韓国外務省、米国務省などは、衛星測位システムの協力に関する共同声明にも署名した。韓国は韓国版GPS(全地球測位システム)を開発中で、共同声明には米GPSとの相互運用性強化などを盛り込んでいる。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント