郵船、不動産子会社株51%を売却へ=特別利益230億円

 日本郵船は28日、完全子会社の郵船不動産(東京)の株式51%を日本郵政不動産(同)に売却すると発表した。日本郵政と組むことで不動産事業の成長を狙う。譲渡額は非公表。 

 2021年7~9月期中の譲渡を予定し、同期に売却益など約230億円を特別利益として計上する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント