全日空とピーチ、共同運航=国内線の一部、8月開始

Large 20210602ds67 p
全日本空輸(上)とピーチ・アビエーションの各旅客機

 ANAホールディングスは2日、全日本空輸と格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が8月下旬に国内線の一部路線でコードシェア(共同運航)を始めると発表した。2社はいずれもANA傘下。コロナ禍による旅客の減少で業績が悪化する中、全日空の販売力を生かしてピーチが運航する路線の搭乗率を高め、収益向上につなげたい考え。

 コロナワクチン接種の進展で期待する需要の回復に備え、国内路線網を維持する狙いもある。 

 共同運航を始めるのは、成田と新千歳、福岡、那覇を結ぶ3路線と、中部と新千歳、那覇を結ぶ2路線。共同運航の開始日、価格など、詳細は後日公表する。対象路線は順次拡大していくという。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント