日豪2プラス2、9日開催へ=「インド太平洋」で連携

Large 20210603ds62 p
茂木敏充外相(左)とオーストラリアのペイン外相=5月5日、イギリス・ロンドン(EPA時事)

 日本、オーストラリア両政府が、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を9日にオンライン形式で開催する方向で調整していることが分かった。複数の関係者が3日、明らかにした。「自由で開かれたインド太平洋」実現へ連携を確認。東・南シナ海で軍事的圧力を強める中国をけん制する狙いがある。

 会合では、自衛隊と豪軍の相互訪問時の法的地位を定める「円滑化協定」の早期署名に向けた協議を行う。同協定は在日米軍の地位協定に相当するもので、昨年11月の日豪首脳会談で大枠合意している。

 両政府はまた、自衛隊が豪軍の艦艇や航空機を警護する「武器等防護」について意見交換。中国海警局の武器使用権限を明記した「海警法」なども議題となる見通しだ。 

 日豪2プラス2は2018年10月以来。日本側は茂木敏充外相と岸信夫防衛相、オーストラリア側はペイン外相とダットン国防相が出席する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント