JR東、夏ボーナス2カ月分=民営化後最低

Large 20210610ds75 p

 JR東日本は10日、今夏のボーナスを2.0カ月分(前年は2.4カ月分に5000円を加算)とすると労働組合に回答した。1987年の国鉄分割民営化後で、夏冬を通して最低水準。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客低迷で、厳しい経営環境が続いているため。 

 2021年3月期は連結純損益が5779億円の巨額赤字に転落。20年冬のボーナスは年末賞与として最低の2.2カ月分だった。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント