全日空、7月国内線の運航半減=日航は4連休利用増見込む

Large 20210610ds77 p
羽田空港に駐機している全日空と日本航空の旅客機=2020年4月(AFP時事)

 全日本空輸は10日、7月の国内線について、新型コロナウイルス流行前に立てた2020年度の事業計画に比べ運航を半減させると発表した。コロナ禍の影響が長期化する中、需要回復にはなお時間を要すると判断した。日本航空が同日公表した7月の国内線運航率は、21年度の事業計画比で76%。同月22~25日の4連休には利用増を見込み、全日空が約7割、日航が86%の運航率とする。

 7月の減便対象は全日空が羽田―新千歳、伊丹、福岡など103路線、日航が羽田―青森、福岡や仙台―伊丹など81路線。日航は6月17~30日の国内線で新たに837便減らすことも公表した。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント