ブラジル・エンブラエル、第2四半期の納入34機=「パンデミック前に戻った」

 【サンパウロ時事】ブラジル航空機大手エンブラエルは21日、2021年第2四半期の納入機数は34機だったと発表した。内訳は、旅客機が14機、ビジネスジェット機が20機。ビジネスジェット機のうち12機は小型で、大型は8機だった。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)の影響で低調だった前年同期は17機。旅客機が4機、ビジネスジェット機が13機(小型9、大型4)だった。

 21年6月30日時点の確定受注残高は前期末比12%増の159億ドル。エンブラエルは「パンデミック前のレベルに戻ったことを示している」としている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント