経済効果年7600億円超=米MGMチーム選定―大阪IR

Large 20210928at55s p
カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の選定について記者会見する大阪府の吉村洋文知事=28日午後、大阪市中央区

 大阪府の吉村洋文知事は28日、府と大阪市が大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で計画するカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者として、米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同チームを選定したと発表した。開業は2020年代後半で、初期投資額は1兆800億円。来場者数は年2050万人を想定し、経済波及効果は年7600億円超を見込む。

 吉村氏は記者会見で「大阪の経済を底上げする世界最高水準のIRをつくる。自信を持って国に提案したい」と強調した。IRには関西の企業も参画する見通し。 

 事業公募にはMGMチームのみが申請していた。同チームの提案によると、開業時点で6000人超を収容する国際会議場や2500室のホテルなどを整備。カジノ施設は約6万平方メートルで総延床面積の3%以内に収まる。

 IRをめぐっては、和歌山県と長崎県が既に運営事業者を選定済み。これまで誘致に前向きだった横浜市は、反対派の新市長就任により計画を撤回しており、名乗りを上げている3地域の運営事業者が出そろった。3地域は議会での同意を経て、申請期限の来年4月までに国に整備計画を申請する。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント