ホンダ、安全運転支援にAI=危険回避、20年代後半に実用化

Large 20211125at41s p
歩行者が視界に入っていないと、運転者の注意を喚起するためにハンドル上部付近でオレンジ色のランプが点灯する(ホンダ提供)

 ホンダは25日までに、人工知能(AI)を活用した自動車の運転支援技術を公開した。人間の脳の働きなどを分析し、運転者に合わせて危険を事前に検知。交通事故を回避できるようにする。2020年代後半の実用化を目指す。

 「100年に1度」と言われる転換期を迎えた自動車業界で、自動運転など次世代技術の開発競争が進む。ホンダは世界で初めて、AIを用いた安全機能をお披露目した。

 新技術では、カメラなどで読み取れる運転者の体調や視線の動き、周囲の交通状況から、事故のリスクを運転者に伝達。交差点で歩行者の動きが視界に入っていないと、シートベルトが自動的に引っ張られたり、ハンドル付近でランプが点灯したりして運転者に危険を察知させる。後方から車両が近づいていると座席のスピーカーから音が鳴るなど、触覚、視覚、聴覚のさまざまな形でリスクを伝えるのが特長。運転者から眠気や疲労を読み取ると、座席を振動させて刺激する機能も紹介された。

 また、運転者から歩行者までをネットワーク通信でつなぎ、事故を防止するシステムの構築を目指していることも公表した。今後は自動車業界や通信業界なども含め幅広い連携を進めたい考えだ。

 ホンダは、50年に全世界で同社製四輪車・二輪車が関わる交通事故死者をゼロにする目標を掲げている。研究開発子会社本田技術研究所の大津啓司社長は、栃木県さくら市の公開会場で「企業として確実に(死者ゼロ目標を)守っていく。最重要課題だ」との意気込みを述べた。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント