飛行甲板を大改造 空母「赤城」進水-1925.4.22 海底で眠る姿も77年後に確認

旧日本海軍の空母「赤城」が1925年の今日、進水しました。巡洋戦艦として建造が進むも、後に空母に改装された経緯があります。その証拠が名称。ただ空母になった後も、艦載機の運用を巡り試行錯誤が続けられました。

旧海軍の試行錯誤を象徴する空母

 1925(大正14)年の4月22日は、旧日本海軍の航空母艦「赤城」が進水した日です。ただ旧海軍では原則として、山岳名を付けたのは巡洋艦に限られます。ではなぜ「赤城」と命名されたかといえば、建造当初は巡洋戦艦だったからでした。

 空母へ計画変更されたのは、同じころ発効されたワシントン海軍軍縮条約によるもの。この条約で戦艦の保有数が制限されたため、「赤城」は巡洋戦艦として造れなくなり、ならば廃棄ではなく、空母へと改装されたのです。こうして呉海軍工廠にて、1927(昭和2)年3月に竣工しています。

Large yuki 01

拡大画像

1939年4月、宿毛湾で撮影された空母「赤城」。飛行甲板は一段全通式となっている(画像:アメリカ海軍)。

 ただし当時はまだ、航空機が海戦の主力になるとは想定されていませんでした。航続距離は短く、機体も小型で兵装搭載量が少なかったため、戦局を左右するほどの打撃力を持つ兵器だとは認識されていませんでした。

「赤城」はまず、三段式(ひな壇式)の飛行甲板を搭載します。上段を着艦用、中段を小型機の発艦用、下段を戦闘機などの発艦用として運用しました。しかし、航空機の性能が想定を上回る早さで向上、また機体も大型化すると、三段式の空母は飛行甲板の短さなどから使い勝手が悪くなります。

 再度大掛かりな改装を受けた「赤城」は1938(昭和13)年8月、大きな飛行甲板を1枚にした一段全通式の空母に生まれ変わります。これにより、中段と下段の飛行甲板だったスペースを格納庫に転用したことで、搭載できる機数が増大しました。ほかにもエレベーターの増設、2本の煙突をひとつにまとめるなど、装いは近代空母にふさわしいものとなります。

【写真】戦艦「長門」と並ぶ空母「赤城」 意外と大きい

最新記事

コメント