台湾有事回避へ外交努力=岸田首相

 岸田文雄首相は23日、台湾有事になれば地理的に近い沖縄が巻き込まれるとの懸念が県内にあることに関し、「いかなる事態にも対応できるよう万全を期さなければならないが、併せて首脳外交を含む外交努力が求められている」と強調した。同県糸満市で開かれた沖縄全戦没者追悼式への出席後、記者団の質問に答えた。

 米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設工事用の土砂を沖縄戦で激戦地となった沖縄本島南部で採取する計画に、戦没者の遺骨が混入する恐れがあるとの批判が出ていることについては「県民が重く深刻に考えていることをしっかりと受け止めている」と述べた。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント