JR肥薩線また被災… 台風14号で南九州を中心に被害 日南線は早期復旧困難な区間も

バス代行輸送が行われる予定です。

路盤流出、築堤崩壊、倒木…

Large 01
都城駅に停車しているJR吉都線の列車(2011年5月、恵 知仁撮影)。

 台風14号の影響により、JR九州の各路線では路盤流出や倒木などの被害が相次ぎました。2022年9月22日(木)現在、5路線で不通区間が生じていますが、復旧に向けた作業が進められています。詳細は以下の通りです。

【9月23日(金・祝)再開】
日南線 青島~南郷

【9月27日(火)再開】
指宿枕崎線 指宿~枕崎(作業が順調に進んだ場合)

【10月上旬再開】
久大本線 豊後森~由布院
肥薩線 吉松~隼人
吉都線 都城~吉松

 なお日南線の南郷~志布志間は、早期復旧が困難な築堤崩壊が発生しているため、再開のめどが立っていません。9月26日(月)から、南郷~志布志間においてバス代行輸送が行われる予定です。そのほか久大本線、肥薩線、吉都線の各線でもバス代行輸送が予定されています。詳細は後日、改めて公表されます。

 また、日豊本線の西大分~南延岡間で運休となっていた貨物列車は、本日9月22日19時53分より運転を再開します。JR貨物によると、これまでに14本が運休したということです。

【了】

【路線図・写真】被災状況

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。ただ、ゆふいんの森は当面のあいだ運休、つまり実質永遠に運休なので、廃止確実でありますね。翌日は西九州新幹線開通に伴う大規模なダイヤ改正なので、そのまんま廃止に至ることでしょう。さようなら!ゆふいんの森号!いままでありがとう!
    でも、ゆふ号は運行区間短縮とはいえ生き残るのでそちらの利用になりますね。とはいえ、料金運賃ぼったくりのゆふいんの森号はほとんど利用せずに、早くて本数が多く、運賃も安い高速バスゆふいん号の利用が圧倒的に多いので、自分にとってはどうでもいい事ではありますがwww…。