LCCのビジネスモデルが影響を与えた、京成電鉄の「空港アクセス特急」増発

京成電鉄が運転する早朝、深夜の臨時列車は、LCCのビジネスモデルが影響していました。

5:18発、23:50着

 京成電鉄は2014年7月19日(土)から8月31日(日)まで、成田空港発着の「アクセス特急」を臨時運行すると発表しました。下りは京成上野発5:18発で成田空港6:14着、上りは成田空港発23:08発で高砂23:50着(上野行きに接続)の合計2本です。なぜこんな早朝、深夜に臨時列車を出すのでしょうか。

成田スカイアクセス線経由で東京と成田空港を結ぶ「アクセス特急」。最高速度120km/h。

 その大きな理由は、LCC(格安航空会社)の存在です。LCCのジェットスター・ジャパンとバニラエアは成田空港が拠点で、夜間は成田空港に機材を留置しています。また成田空港を離着陸できるのは、原則として6時~23時。そしてLCCは、機材の回転数を極力高めて収益を上げるビジネスモデルです。

 となると、どのように機材を運航したら最も回転数を高められるのか。6時の離陸解禁と共に機材をドンドン飛び立たせ、着陸締切の23時ぎりぎりまで、目的地と幾度も往復させるのが最も良い、となります。

 さあ、成田空港のLCC時刻表はどうなっているでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 160627_LCC京成臨時_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント