帰国途中だった護衛艦 エアアジア機捜索を終了し日本へ

昨年12月28日にインドネシア沖で墜落したエアアジア8501便。アフリカからの帰国途中にインドネシア政府より支援要請を受け活動していた日本の護衛艦は1月3日以降、遺体4体を収容。1月9日に活動を終了し、今月下旬に日本へ戻ります。

アフリカから帰国途中の護衛艦がインドネシア沖で墜落機を捜索

 2014年12月28日にインドネシア沖で墜落したエアアジア8501便。その捜索・救助活動などについてインドネシア政府から支援要請を受け、12月31日、日本の防衛大臣が「国際緊急援助活動の実施に関する自衛隊行動命令」を出しました。

捜索活動を行う護衛艦の乗組員(画像:防衛省)。

 この命令により、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動を終えて帰投中だった護衛艦「たかなみ」と「おおなみ」の2隻が本国への移動を中断し、捜索・救援活動を開始。1月3日以降、遺体4体と機体の破片などを収容しました。

 その後、捜索活動全体の進捗状況をふまえ防衛省がインドネシア政府と調整した結果、護衛艦の活動継続要請がなかったことから、1月9日をもって活動を終了。捜索にあたった護衛艦2隻は今月下旬に帰国する予定です。防衛省によると、インドネシア側からはこの捜索活動について心からの感謝と敬意が示されているそうです。

 またCNNの報道では、エアアジアは総額およそ12万5000ドル(約1500万円)の補償金を遺族に支払う方針であることがを伝えられています。事故を起こしたエアアジア8501便には乗客乗員162人が搭乗していました。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150110_AIRASIA_01

関連記事

最新記事

コメント