政府専用機が中東へ出発 羽田への帰来は21日

安倍総理の中東歴訪に伴い、政府専用機が羽田空港を飛び立ちました。21日に羽田へ戻るため、運が良ければ出会えるかもしれません。

エジプト、ヨルダン、イスラエルへ

現在の政府専用機は1993(平成5)年に導入されたボーイング747-400(2010年4月、恵 知仁撮影)。

 2015年1月16日(金)の午前、安部総理の中東歴訪にあたり政府専用機が羽田空港を出発しました。防衛省によるとまずエジプトのカイロ国際空港に到着したのち、ヨルダンのクイーンアリア国際空港、イスラエルのベングリオン国際空港へ飛行。21日(水)に羽田空港へ戻る予定とのことです。運が良ければその日、羽田空港で政府専用機に出会えるかもしれません。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 150116_seifusenyouki_01

関連記事

最新記事

コメント