北陸、東北、秋田新幹線風 増加するラッピングレンタカー、その効果は

福島では「赤べこ」レンタカーも

 なぜこのような「新幹線レンタカー」が登場したのでしょうか。話題作りや広告効果といったものも考えられますが、合わせて「あこがれの対象」としての「新幹線」があるようです。


 ジェイアール東日本レンタリースは「新幹線レンタカー」導入の目的について、「家族連れのお客様の利用促進を図る」ためといいます。そしてこれら「新幹線レンタカー」は実際に家族連れ、特に小さな子供がいる家族から人気が高いそうです。


 玩具や絵本をよく見るように、新幹線好きの子供は珍しい存在ではありません。そうした子供がいる家族連れにより楽しく、積極的にレンタカーを利用してもらうため、車両を新幹線デザインにしてしまうことは理にかなっているといえそうです。「東北旅行の思い出」としても、普通のレンタカーより印象深いことでしょう。

20150205 rentacar 02
下はE5系「はやぶさ」、右上はE6系「こまち」、左上は「赤べこ」のラッピングレンタカー(画像提供:ジェイアール東日本レンタリース)。

 また「新幹線レンタカー」のうち、E6系「こまち」のものは軽自動車であるため女性人気も高いとのこと。そしてジェイアール東日本レンタリースでは福島県の会津若松営業所に、同地の名産である「赤べこ」をイメージした可愛らしい車両も用意しているそうです。


 ラッピングレンタカーは子供へのアピールのみならず、旅先での非日常性を演出するアイテムにもなっているようです。


【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント