電車運転中、急に便意を催したら? 切実なウン行事情

電車の乗務員も人間です。急に便意を催すこともあります。もしそうなってしまった場合、いったいどうするのでしょうか。また乗務員はそうした事態になることを極力回避するため、乗務前から様々なことに気を使っているようです。

においが取れず運行中止

 2007年8月31日の早朝、JR福知山線に乗務していた車掌が体調を崩し、折り返しの塚口(兵庫県尼崎市)へ到着する間際に大便を漏らすというトラブルが発生しました。

乗務員にとって近くて遠い駅のトイレ(2014年3月、恵 知仁撮影)※本文と写真は関係ありません。

 折り返し駅に到着し、車掌は運転室へ入ってきた運転士に向かって「漏らしてしまった」と真っ青な顔で告げると、すぐにトイレへ急行。運転士は清掃を試みますがにおいが取れなかったことから、やむなくその車両は運行中止になり1700人に影響が出ました。

 車掌は乗務前からお腹に異変を感じていたようで、当初は「我慢できると思った」そうです。しかし、その夢は叶いませんでした。

 この一件はネットニュースでも報じられましたが、「出物腫れ物所嫌わず」ともいうように、こうした事態は誰にでも起こりうるからでしょうか。怒りよりも同情の声が多かったと記憶しています。

 とはいえやはり、出てしまっては何かと面倒です。もしお腹の具合が悪くなってしまった場合、乗務員はどういった対応をすればよいのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20150215_toilet_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント