北陸新幹線に対抗する「超快速」が戦闘力増強 えちごトキめき鉄道と直通運転

北越急行の超快速「スノーラビット」が、えちごトキめき鉄道へ直通運転することになりました。世間が「北陸新幹線開業」にわくなか、新潟県のローカル鉄道が協力、工夫し、「北陸新幹線開業」という「逆境」に立ち向かっています。

新幹線への下剋上を実現する超快速

 北陸新幹線の金沢延伸開業によって収益面で大きな影響を受ける第三セクター鉄道北越急行(新潟県南魚沼市)が、それを受けて登場させる超快速「スノーラビット」。その北陸新幹線に対する競争力が、さらに高まりそうです。えちごトキめき鉄道の新井(新潟県妙高市)まで直通運転することになったのです。

 北越急行には現在、上越新幹線と連携して首都圏と北陸を結ぶ特急「はくたか」が走っています。しかし北陸新幹線の金沢延伸開業で、特急「はくたか」は廃止。稼ぎ頭を失う同社は、大幅な収入減が予想されています。

上越新幹線と接続する越後湯沢駅から新井駅まで超快速「スノーラビット」が直通する(図:乗りものニュース編集部)。

 そして超快速「スノーラビット」は、北陸新幹線が金沢延伸開業する2015年3月14日のダイヤ改正から北越急行が運行する列車で、東京駅から新潟県上越市の直江津駅へ行くにあたりこの超快速を使うと、北陸新幹線より早く、安く移動することが可能。「巨人」に対し「下剋上」を実現する列車です。

 この超快速がえちごトキめき鉄道へ直通運転することで、北陸新幹線への競争力がさらに増す可能性があります。

この記事の写真一覧

  • 20150220_hokuriku_02
  • 20150220_hokuriku_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 経営分離不要
    国土交通省が条件としてるので、地域では迷惑な話

  2. 現信越線を移管する必要などない
    地域第一に考えるべきでしょう
    北陸本線も分離不要
    地域間で迷惑ダイヤを組まれることが嫌
    東北では、かえってjrの方が良かったという話を聞きました。

  3. 移動する広告に邪魔されて全文を読むのところが読めません

  4. 一言言わせて?

    何故「越後湯沢」分割?JR距離による「北越急行線跨がり」運賃+の距離による合算を考えるなら、『直江津』分割が分かりやすい!

    さては投稿者、『JRの連絡運輸規則』なるものを把握してないな?