新宿駅に「動く静止画」登場 交通広告で日本初

3月17日(火)から「LIVAS(リバス)」という特殊LED大型ボードを使用した交通広告が、JR新宿駅構内アルプス広場に登場しました。静止画が動いて見える「LIVAS」、交通広告に使われるのは日本初とのことです。

LEDで静止画に動きを

 2015年3月17日(火)、「LIVAS(リバス)」という特殊LED大型ボードを使用した交通広告が、JR新宿構内のアルプス広場に登場しました。静止画をあたかも動画のように見せるもので、精細なフィルムと6万色フルカラーLEDによる光の動きで静止画に変化をあたえ、ライブ感を取り入れたダイナミックな表現ができるといいます。ジェイアール東日本企画によると、日本の交通広告での採用は今回が初だそうです。

JR新宿駅のアルプス広場に設置された「LIVAS」の交通広告(画像提供:ジェイアール東日本企画)。
動画提供:ジェイアール東日本企画

 この「LIVAS」は一般的なLEDビジョンのように動画を流せるわけではありませんが、LEDをバックライトのほか、動かして見せる部分に必要なだけ配置する仕組みで、使用終了後は分解して再利用も可能。省電力、低コストで、静止画とは違った映像を描き出すことが可能といいます。

 日本国内で「LIVAS」はアミューズメント関連の店舗内、店舗用の装飾看板、飲店のサインとして使用されたことがありますが、どれも800mm×400mm程度の小型なもの。このような大型展開は初の試みとのことです。

 今回、新宿駅に設置された「LIVAS」の交通広告では、アサヒ飲料が発売する新しい缶コーヒーで採用された「熱風焙煎」技術のイメージが表現されます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150317_led_01

関連記事

最新記事

コメント