【今日は何の日?】四国の国鉄線で初の電化区間が誕生

予讃本線の高松~坂出間と多度津~観音寺間、土讃本線の多度津~琴平間が電化されました。

 1987(昭和62)年の3月23日。予讃本線の高松~坂出間と多度津~観音寺間、土讃本線の多度津~琴平間が電化されました。

 四国内では高松琴平電鉄や伊予鉄道、土佐電気鉄道など当時すでに電車が走っていましたが、国鉄線でも電車が走るようになったのは、このときが初めてでした。ただ徳島県においては鉄道路線があるものの、電車は現在も走っていません。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150323_shikoku_01

関連記事

最新記事

コメント