てっぱくのムーミン、特別な「お召仕様」に GW限定

鉄道博物館へ新登場したEF55形「ムーミン」に、特別な装飾が施されました。

日章旗と菊の御紋を

 鉄道博物館(さいたま市)が収蔵するEF55形電気機関車についてゴールデンウイーク期間中(4月25日~5月10日)、「お召列車特別装飾」を実施しています。

菊の御紋は旧JR直江津運輸区から寄贈されたものという(画像:鉄道博物館)。

 天皇、皇后、皇太后陛下が乗車される「お召列車」。その先頭に立つ機関車は内外に特別な整備を施し、車体の各部を磨き上げ、先頭部には日章旗と菊のご紋章を取り付けて運転されます。鉄道博物館によると今回はEF55形専用のステーを使用し、ご紋章と旗を機関車へ取り付けたそうで、「現役時代には見ることができなかった姿をぜひご覧ください」とコメントしています。

 EF55形電気機関車は1936(昭和36)年に3両だけ製造された希少な車両です。その形状に由来し鉄道ファンから「ムーミン」「カバ」などの愛称で呼ばれています。今年4月12日から、鉄道博物館で展示が始められました。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150426_ef55_01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. EF55形電気機関車は1936(昭和36)年に3両だけ製造された希少な車両です。
    西暦と和暦おかしくないですか?

    • 運転席頭上には機銃掃射を受けた痕があります。1936年ですから、昭和11年が正解です。