2023年には航空機へ搭載 米空軍が進めるレーザー兵器開発 その有用性は

アメリカ空軍の指向性エネルギー兵器局が、2023年には航空機へ空中発射型固体赤外線レーザーを搭載する計画であることを明らかにしました。SFの世界だったレーザー兵器がいま、現実になろうとしています。ただそうなっても、主力はミサイルのままかもしれません。

撃った瞬間に必ず命中する兵器

「戦闘機に搭載された赤外線レーザー兵器によって敵を破壊、撃墜」

 新作SFアニメのプロットではありません。アメリカ空軍指向性エネルギー兵器局が、2023年には航空機に空中発射型固体赤外線レーザーを搭載する計画であることが2015年5月、明らかになりました。まずC-17「グローブマスターIII」輸送機をプラットフォームとして試験を行い、将来的にはより小型の戦闘機へ搭載することが見込まれています。

レーザー兵器を搭載した戦闘機のイメージ(画像出典:アメリカ空軍)。

 戦闘機を使った試験については、F-15「イーグル」にレーザーポッドを外部搭載することが考えられているほか、F-35B「ライトニングII」で、その胴体内に有する垂直離着陸用のリフトファンを発電機、およびレーザー発振器に置き換える案が検討されています。

 レーザー兵器の推定出力は100~150キロワット。強い指向性をもった赤外線を空中ないし地上の目標に数秒間照射することによって、熱に弱い部分を焼損させ、破壊します。

 こうした強い電磁波を利用し対象を破壊するシステムを「指向性エネルギー兵器(DEW)」と呼称します。指向性エネルギー兵器は空間を光速で伝播、すなわち秒速30万kmにも達するため「撃った瞬間に必ず命中する」という優れた特性を有します。

 指向性エネルギー兵器には赤外線レーザーのほかにもうひとつ、「ハイパワーマイクロ波」があります。このハイパワーマイクロ波はレーダーなどのセンサー部から攻撃対象に浸透し、電子回路を破壊するものです。

 その原理は、電子レンジにうっかりアルミホイルを入れてしまい火花を散らす失敗と全く同じ。金属部が強力なマイクロ波の照射を受けると非常に高い電圧が生じ、ICや基盤を焼き切ります。

 ハイパワーマイクロ波はすでに実用化されているか、ないし実用化目前であるとみられ、F-22「ラプター」、F/A-18E/F「スーパーホーネット」などの「AESAレーダー」は超高出力のマイクロ波を発振可能であるともいわれます。詳細は不明ですが推定出力数百メガワット~ギガワットで、1兆分の1秒という極めて短いパルスを照射。瞬間的に対象を破壊します。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. まるでSFだが、今のスマートフォンも50年前にはSFの技術。
    そのうちワープもできるようになるかもね(笑)