「抜本的に改良する」 渋谷駅、“不便”の汚名返上なるか

東急東横線が地下に潜り、「乗り換えが不便」という声も多い渋谷駅。その状況を解消すべく行っている動線改良工事の内容を7月2日、東急電鉄が発表しました。「継ぎ接ぎだらけ」ともされる渋谷駅を、同社は「抜本的に改良する」といいます。

不便な渋谷を解消する「3つのアプローチ」

 2013年3月16日に、東急東横線のホームが地上2階から地下5階へ潜った渋谷駅。これにより東横線とJR山手線などとの乗り換えが複雑で時間を要するものになり、東急電鉄によると「地下に潜ったことで、どこを歩いているのか分かりづらい」という声が一番多く寄せられているそうです。

 利用者からの不満が多い渋谷駅の乗り換えについて、その問題を解消すべく現在行っている工事の概要を2015年7月2日(木)、東急電鉄が発表しました。

 そこで「乗換の不便さを解消する3つのアプローチ」として挙げられたのは、「ヨコ移動」と「タテ移動」、「ゆとりの歩行空間」です。

渋谷駅の動線改良計画。埼京線や銀座線のホームが移動し、縦方向の動線がエスカレーターなどで整備される。

「ヨコ移動」は「駅の改良工事」です。2021年度には、東京メトロ銀座線のホームがJR渋谷駅と渋谷ヒカリエのあいだ付近へ移転する予定です。またJR埼京線・湘南新宿ラインのホームも、山手線の隣へ移動させる計画が進行中。これによって各線のホームが近くなり、利便性の向上が見込まれます。

「タテ移動」は「アーバンコア設置」です。渋谷ヒカリエに見られるような、エレベーターやエスカレーターによって多層な都市基盤を上下に結び、人々を誘導するものが「アーバンコア」とのこと。エレベーターやエスカレーターを活用し、「タテの動線」が分かりやすく、より便利になるよう整備されます。

「ゆとりの歩行空間」は「東口地下広場」です。東急線の宮益中央改札付近からJR駅方向へ、およそ1600平米の地下広場が誕生。動線が横方向に広がり、人が滞留できることから、駅の動線に「ゆとり」が生まれるといいます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 東横線・東京メトロ副都心線とJR線の乗り換えについて、現在は約3分半? 記者はラッシュ時に実測することをお勧めする。埼京線からなら10分でもきつい。渋谷スルーが普通になっているのだが。よって、この大本営発表にも何の期待もしない。井の頭線との乗り換えは変わりようがないんだし。

  2. そう。朝7:00頃と、夕方18:30頃に渋谷に行って見て欲しい。乗り換えが どれだけ大変か。

  3. この記者さんは、ラッシュ時のあの狭い渋谷駅がどういう状態か見た事がないのでしょうか。
    ヒカリエへの動線しか興味のない電鉄に利用者の不便を解消する気などないのは明らかでしょう。
    ラッシュ時に震災等が発生したら、あの駅はとんでもないことになりますよ。

  4. 渋谷駅利用してて東急ってセンスがない会社ってことがよく分かる。どうやったらあんな駅で渋谷の東急って自慢してるんだか。いっそ西武にでも運営させた方が渋谷のため!!

  5. もういいよ。これ以上弄って悪化させないでくれ。

  6. 最高の解決策は東急を元に戻すことだ。
    銀座線とJRの乗り換えが現在1分でいけるものが今度は何分になるんだ?
    今時こんな改悪続きの魔改造も珍しく乗り換え駅を変更するだけの話になる。
    そんなことに金をかけるなら、東京メトロを品川駅に直結させて、京急の品川~泉岳寺を都営地下鉄で買い取ってくれ。

  7. 渋谷駅で人が降りなくなった。
    ヒカリエ?品揃え悪いし伊勢丹いくっしょ。みたいな。