最後の国鉄形鉄道連絡船、引退へ 宮島航路に新造船

青函連絡船などと同じ元国鉄の鉄道連絡船として唯一、現在も運行されている広島の宮島連絡船。そこに1隻だけ残っていた国鉄時代を知る船が、ついに引退することになりました。

鉄道連絡船に唯一残っていた「国鉄」を知る

 JR西日本宮島フェリーは2015年7月3日(金)、老朽化した「ななうら丸」の代替として2016年11月上旬に新「ななうら丸」を就航させると発表しました。

 このJR西日本宮島フェリーは「宮島連絡船」とも呼ばれ、広島県の宮島口と宮島駅とのあいだを運行。鉄道が走っていない区間を船で結ぶ「鉄道連絡船」のひとつです。かつて国鉄・JRが運行していた青函連絡船(青森~函館)、宇高連絡船(宇野~高松)などの仲間で、この宮島連絡船も過去は国鉄が運行していました。現在、JRが運行する鉄道連絡船は青函トンネルや瀬戸大橋の開通に伴い、この宮島連絡船ただひとつになっています。

厳島神社の大鳥居を背景に航行する「ななうら丸」(2012年3月、恵 知仁撮影)。

 今回、老朽化に伴って引退する宮島連絡船の「ななうら丸」は、国鉄が分割民営化されてJRになるわずか2ヶ月前の、1987(昭和62)年2月に就航。鉄道連絡船で現在運行されている唯一にして最後の国鉄形連絡船です。この引退によって国鉄の分割民営化からおよそ30年で、鉄道連絡船から「国鉄」が消えることになります。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント