マツダ「アダプティブ・LED・ヘッドライト」でキッズデザイン賞

マツダの「アダプティブ・LED・ヘッドライト」が、第9回キッズデザイン賞(こども視点の安全安心デザイン 一般部門)を受賞しました。

状況に応じて配光をコントロール

 2015年7月8日(水)、マツダは「CX-5」「アテンザ」に採用した新世代ヘッドランプ技術「アダプティブ・LED・ヘッドライト」が、第9回「キッズデザイン賞(こども視点の安全安心デザイン 一般部門)」を受賞したと発表しました。

「ワイド配光ロービーム」と「グレアフリー(防眩)ハイビーム」(画像提供:マツダ)。

「アダプティブ・LED・ヘッドライト」は夜間、状況に応じてライトをコントロールする技術で、道路を横断中や路肩にいる子どもを視認しやすくしたり(ワイド配光ロービーム)、対向車が眩しくないよう照射範囲を調節する(グレアフリー(防眩)ハイビーム)ことができます。夜間でもドライバーが安全・安心に走行できる視界環境の提供を目指し、マツダが開発したものです。

 マツダの自動車技術が受賞したのは、昨年の「子どもの視点で開発するMAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS」(内閣総理大臣賞)から2年連続となります。

 同社は今後も「安全技術の研究・開発を進め、積極的に展開していくことにより、すべてのユーザーに『走る歓び』と『優れた環境安全性能』をお届けすることを通して、ユーザーの人生をより豊かにし、特別な絆を持ったブランドになることを目指す」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント