【今日は何の日?】名前がよく変わった内房線が全通

北条線が太海駅から安房鴨川駅まで延伸し、房総半島の東京湾側を行く現在の内房線、蘇我~安房鴨川間の全線が開通しました。

 1925(大正14)年の7月11日。北条線が太海から安房鴨川駅まで延伸し、房総半島の東京湾側を行く現在の内房線、蘇我~安房鴨川間の全線が開通しました。

 ただ当時は「内房線」という名ではなく「北条線」。その後、「北条線」は「房総線」「房総西線」と名をさらに変え、1972(昭和47)年に現在の「内房線」になります。ちなみに「北条線」の前も「木更津線」という、また別の名前でした。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント