【今日は何の日?】シンプルだけど複雑な新名古屋駅が開業

8月12日、名鉄の新名古屋駅が開業しました。

 1941(昭和16)年の8月12日。名古屋鉄道の新名古屋が開業しました。現在の名鉄名古屋駅です。

乗車ホームと降車ホームに線路が挟まれている名鉄名古屋駅(2007年12月、恵 知仁撮影)。

 枇杷島橋~新名古屋間の開業によるもので、当時から地下駅として誕生しています。枇杷島橋駅は、名古屋本線と犬山線の分岐点にかつて存在した駅です。また新名古屋駅から金山・神宮前方面への線路は、1944(昭和19)年に開通しています。

 この現・名鉄名古屋駅、様々な行先へ様々な列車が頻繁に発車する名鉄最大のターミナル駅ながら、線路は2本だけというシンプルな構造です。そのため乗車位置を列車の行先によって分けるなど独特なシステムを採用しており、初めて利用する人は少々悩むかもしれません。

 ちなみに開業当時、線路は現在より多い3本ありました。しかしホーム拡張で2本になっています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント