【今日は何の日?】大勢の復員兵が肥薩線で落命

8月22日、大勢の復員兵が肥薩線のトンネル内で亡くなりました。

 1945(昭和20)年の8月22日。肥薩線の吉松(鹿児島県)から真幸駅(宮崎県)方面へ向かっていた列車が坂道を登り切れず、山神第二トンネル内で立ち往生してしまいます。

 蒸気機関車けん引の列車です。トンネル内にはその煙が充満。それから逃れようとした乗客たちが線路上を歩いて列車後方、トンネル外へ避難し始めます。

 しかしそのとき、列車も煙から逃れようと後退を開始。煙が立ちこめ、照明も無い線路を歩いていた乗客たちは、バックしてくる列車に気づくのが遅れ、列車に次々とひかれてしまいました。

肥薩線の真幸~吉松間に建立されている慰霊碑(2001年5月、恵 知仁撮影)。

 およそ50人が命を落としたこの事故。列車にはやっとの思いで日本へ戻った、大勢の復員兵が乗車していました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント