空自も参加 世界最大級の演習「レッドフラッグ・アラスカ」実施 その意味は

世界で最も大規模な航空戦訓練のひとつ「レッドフラッグ・アラスカ」が、空自など同盟国も参加して実施されました。何を目的に、どのようなことが行われているのでしょうか。

日韓が参加する共同作戦も

 去る2015年8月6日より米国アラスカ州において、アメリカ空軍の演習「レッドフラッグ・アラスカ」が実施されました。

「レッドフラッグ・アラスカ」は世界で最も大規模な航空戦訓練のひとつとして知られており、アラスカ州のアイルソン空軍基地およびエレメンドルフ・リチャードソン統合基地において行われます。その演習空域はおよそ17万3500平方キロメートル。これは本州の4分の3に匹敵します。

「レッドフラッグ」の名称は、かつて敵国であったソビエト共産党の「赤旗」を意味します。演習の目的は「リアルな航空戦」をシミュレートすることにあり、実弾を射撃しない以外は実戦に限りなく近い状況を想定し、実施されます。

航空自衛隊のF-15J(奥)と韓国空軍のKF-16(手前)。共同作戦を終えてアイルソン空軍基地に帰還した日韓の戦闘機部隊(写真出典:アメリカ空軍)。

 演習には主宰のアメリカ空軍のみならず、海軍や同盟国も参加。自衛隊は今回、7月29日より310名の人員をアラスカに派遣しました。演習は8月21日に終了し、帰国は8月28日の予定です。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いい勉強になりました。