新幹線車窓にレインボーブリッジ 特別列車走る

普段はまず体験できないことを楽しめる特別列車が、東海道新幹線で運転されました。

通常はよく見えない新幹線からのレインボーブリッジ

 2015年8月29日(土)、東海道新幹線N700Aの車窓へ海と共に現れたレインボーブリッジに、乗客が歓声を上げました。

東海道新幹線N700Aの窓へ、レインボーブリッジが現れる(2015年8月29日、恵 知仁撮影)。

 東京湾岸に架かり、芝浦と台場を結ぶレインボーブリッジ。通常、東海道新幹線の車窓から、その橋はあまりよく見えません。しかし東海道新幹線の車窓から、海と一緒に大きくレインボーブリッジを眺められるのも事実です。

 東京を出た東海道新幹線の線路は、山手・京浜東北線の田町駅付近で分岐。片方は品川・名古屋・新大阪駅への本線で、もう片方は大井車両基地(東京都品川区)へ続く回送線です。

 この回送線から、海とレインボーブリッジがよく見えるのです。

 回送線のため通常は乗車できませんが、JR東海はこの日、東京~大井車両基地間で特別列車を運行。乗客たちはレインボーブリッジやお台場のフジテレビ、の形をした船の科学館など、普段は見られない新幹線の車窓を楽しみました。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント