「鉄道演劇」香川と茨城を結ぶ 「ことでん」「ひたちなか」がコラボ

「ことでん」こと高松琴平電気鉄道の人気キャラクター「ことちゃん」と、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅の人気者「黒猫“おさむ”」がキャラクターグッズで“共演”します。香川県と茨城県、遠く離れた2つのローカル鉄道を結んだ縁は「鉄道演劇」でした。

ことでんとひたちなか、合わせるとハート型に

 香川県の「ことでん」こと高松琴平電気鉄道と、茨城県のひたちなか海浜鉄道が2015年9月19日(土)から、新しいキャラクターグッズを販売します。

ことでんとひたちなか海浜鉄道のキャラクターがグッズで共演(画像出典:シアターキューブリック)。

「ラバーキーホルダー」はことでんのキャラクター「ことちゃん」バージョンと、ひたちなか海浜鉄道のキャラクター「黒猫“おさむ”」バージョンがあります。2つを合わせるとハート型になり、恋人同士や仲良しのお友だちと揃えたくなる仕掛けです。

「クリアファイル」は香川県の「うどん」、茨城県の「ほしいも」といった名産が日本地図の上に描かれ、その真ん中で「ことちゃん」と「おさむ」がハイタッチした絵柄です。日本の東西を結んでいるようなイメージになりました。

 販売場所は、「ことちゃんラバーキーホルダー」がことでん瓦町窓口、ことでんオンラインショップ、「おさむラバーキーホルダー」がひたちなか海浜鉄道那珂湊駅窓口です。クリアファイルは上記の各窓口・オンラインショップで販売されます。

「ことちゃん」は、「ご当地キャラ総選挙2013」で第3位に入賞したイルカのキャラクターです。「黒猫“おさむ”」は、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に住む実在の駅猫がモチーフです。どちらもメディアなどで有名になりました。今回のコラボグッズは、それぞれのキャラクターのデザイナーが新たに描き下ろした絵柄になっているそうです。

 しかし高松琴平電気鉄道とひたちなか海浜鉄道は、香川県と茨城県、電化路線と非電化路線、キャラクターはイルカとネコ。共通点が見当たりません。どうしてコラボグッズが誕生したのでしょうか。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント