機動戦闘車、無人機 平成28年度防衛予算、その内容は

防衛省が、平成28年度防衛予算の概算要求を公表しました。無人機RQ-4「グローバルホーク」や「機動戦闘車」の導入などが予定されていますが、そこにはどんな背景があり、また自衛隊は今後、どうなっていくのでしょうか。

戦車は九州と北海道へ重点配備

 去る2015年8月31日(月)、防衛省は平成28年度防衛予算の概算要求を公表しました。その要求額は、特に中国に対する昨今の厳しい安全保障環境から過去最多となる5兆911億円にも達し、初めて5兆円の大台に乗っています。この概算要求は閣議決定を経て来年1月の通常国会において審議され、成立する見込みです。

 来年度予算において初めて調達が行われる注目の装備は、まず滞空型無人機RQ-4「グローバルホーク」です。367億円が計上され3機が導入される見込みであり、陸海空自衛隊の共同運用機として三沢基地(青森県)に配備されます。RQ-4は高度約20kmで36時間滞空可能な大型偵察ジェット無人機です。レーダーや各種センサーを搭載し長時間・広範囲を監視可能な能力を有しており、三沢から尖閣諸島上空まで2200kmを進出しても、なお24時間の監視飛行ができます。

平成28年度防衛予算で36両が調達される予定の機動戦闘車(写真出典:陸上自衛隊)。

 陸上自衛隊は、戦車に匹敵する105mmライフル砲を搭載し、8輪のタイヤによって最大100km/hで走行可能な「機動戦闘車」を36両、259億円で調達します。この機動戦闘車は既存の戦車に代わり、主に本州の防衛用として配備されます。そして、これより能力に勝る戦車は北海道や九州へ重点的に配備される予定です。

 今年度以前から継続して調達されるものとしては、航空自衛隊の新戦闘機F-35「ライトニングII」の6機1035億円、新輸送機川崎C-2の1機229億円、新早期警戒機E-2D「アドバンスドホークアイ」の1機238億円が計上されています。さらに海上自衛隊は8隻目となるイージス艦1隻を1675億円、そうりゅう型潜水艦1隻を662億円で調達します。

 また、航空自衛隊はUH-60J「ブラックホーク」8機354億円、海上自衛隊はSH-60K「シーホーク」17機1032億円を計上しており、「H-60系」を25機一括で調達することで、調達費の圧縮を図ります。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント