ホンダのF1マシン6台が一挙集結 「MieMu」で企画展開催

9月24日から開催されるF1鈴鹿グランプリ。それに合わせ三重県総合博物館「MieMu」で企画展が行われ、計6台ものホンダF1マシンが一同に展示されます。

最新のMP4-30も期間限定で登場

 三重県総合博物館「MieMu(みえむ)」で、日本初の本格的レーシングコース「鈴鹿サーキット」の歴史と、ホンダF1の歴史を紹介する企画展「SUZUKA 夢と挑戦のステージ~ホンダのF1と鈴鹿サーキット~」が開催されます。期間は2015年9月19日(土)から11月15日(日)まで。会場には、ホンダが所有する6台ものF1マシンが展示されます。6台が同時に貸し出され、一堂に展示されるのはこの企画展が初めてとのことです。

アイルトン・セナがドライブした「McLaren-Honda MP4/5B」(1990年)。

 ホンダは1964(昭和39)年、F1への挑戦を開始。初めての年は苦戦を強いられましたが、翌1965(昭和40)年のメキシコグランプリで念願の優勝を果たします。このときの優勝マシン「HONDA RA272」から、1980年代のF1ブームを牽引した「Williams Honda FW10」、A.セナがドライブした「McLaren-Honda MP4/5B」、中島悟ドライブの「Tyrrell Honda 020」、そして佐藤琢磨がドライブした「BAR Honda 006」「Honda RA107」の計6台が展示されます。

 さらに、F1鈴鹿グランプリ終了後の9月29日(火)から10月4日(日)の期間限定となりますが、F1に現在参戦している最新マシン「McLaren-Honda MP4-30(展示専用車両)」も登場する予定です。

 この企画展ではF1マシン以外にも、レーシングスーツやチェッカーフラッグといったレース関連の様々なアイテムや、“日本モータースポーツの聖地”とされる鈴鹿サーキットの歴史などが展示されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント