ゆりかもめ今年で20周年 車両基地公開に2000人募集

ゆりかもめが開業20周年を記念し、車両基地の一般公開を行います。

事前応募制で実施

 東京の臨海副都心エリアをはしるゆりかもめが、今年2015年11月1日で開業20周年を迎えます。

 これを記念し10月24日(土)、ゆりかもめ車両基地(江東区有明)の一般公開が行われます。入場無料ですが参加には事前申し込みが必要で、募集人数は2000人。応募者多数の場合は抽選です。

お台場を経由し、新橋~豊洲間14.7kmを結ぶゆりかもめ(2002年8月、恵 知仁撮影)。

 この車両基地一般公開では歴代車両や運転台の見学ほか、訓練用分岐器体験、監視カメラ操作体験、車体吊りデモなども実施される予定です。またイベントへの参加申込時に応募が必要ですが、洗浄車両体験乗車、保守車トロッコ体験乗車、出入庫線体験乗車も行われます。

 申込期間は9月4日(金)から10月2日(金)24時まで。ゆりかもめの専用ウェブサイトから応募できます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント