車内にビールと流し台 非日常的通勤電車、走る 西武

西武鉄道が黄色い通勤電車を使い、「ミステリービアトレイン2015」を運行。車内に流し台が設置されるなど、“日常”の象徴ともいえる通勤電車に“非日常”の風景が広がりました。

通勤電車にあるまじき車内放送

 車両の前後方向に設置された長い椅子。ぶら下げられた無数のつり革。そんな典型的な通勤電車の車内が一変しました。

西武プリンスドームでビールを販売している女性が乗車。生ビールを注いで回った(2015年10月1日、恵 知仁撮影)。

 車両の前後方向に設置された長い椅子、その前に長机とお弁当、ジョッキ。ぶら下げられた無数のつり革、それと一緒にぶら下がる提灯。“日常”の代表的存在としても過言ではない通勤電車が、すっかり“非日常”の世界になっていました。

 2015年10月1日(木)、西武鉄道は2000系という黄色い通勤電車を使って「ミステリービアトレイン2015」を運行。その車内の様子です。

 始発は、拝島線の玉川上水駅(東京都立川市)。

「みなさま、お待たせいたしました。ただいまより乾杯いたします!」

 そんな通勤電車にあるまじき車内放送のあと、およそ2時間にわたって、列車のなかで宴が繰り広げられました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント